読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 それで想像する ねじ 5こ @ SHIBUYA O-Nest

音楽

 

にせんねんもんだい、ニューアルバム『デスティネイション トーキョー』の先行発売レコ発イベントに行ってきました。対バンは、在川百合にせんねんもんだい)×和田シンジ(巨人ゆえにデカイ、DMBQ)、オシリペンペンズ。順番に。

在川さんユニットはベースとドラム。ドラムが非常にパワフルにドコドコ叩かれる中、ベースがわうわうとうなり声を上げる感じで、ずっと進みました。時折ぐおっと上がる箇所もあり、興奮する。最後まで飽きずに堪能いたしました。良かった。

オシリペンペンズは初めて聴きました。基本的にすっとこどっこいな感じで、バタバタッとしたドラムの上を、変テコなフレーズのギターがペナペナと鳴らされる中、語るように叫ぶように畳みかけて妙なユーモアを生み出すヴォーカルが駆け抜けるという感じです。なぜか天井にぶら下がったりします。ちょっと狂っておる。何を言っているのか自分でもよく分かりませんが、面白いモノを見たなという感覚だけが残りました。

にせんねんもんだいの3人は、かぶりものを被り、後ろの入り口から豆を撒きつつ登場。珍妙な演出の後、演奏開始です。彼女らのライヴ、久しぶりにみましたが、ギターがディレイで音を何重にも重ねつつ、やがて四つ打ちが始まる、という感じのダンスビートで、その変貌っぷりにかなりびっくりしました。ギターの繰り返しによる陶酔感はありますが、ドラムはリズムをキープする感じで結構抑え目という感じ。最初は期待と違っていて面喰らいましたが、直後にベースがガツンと叩き付けられる迫力を見せ、一気に温度が上がりました。ありえない角度から入り込んでくる感じで、興奮します。見ていくうちにやがて、すっかりこの勢いに乗せられてしまいました。アンコールは満を持してという感じでドラムが暴れ回り、不満も最後には解消。良かったです。レーベルから何から、全部自分たちでやっているそうなので、これからもマイペースに行くことと思います。ホントはもう少し大きくなってほしいし、なれること間違いなしと思うのですが、その辺はまあ置きつつ、これからも追いかけていきたいと思います。