nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 aus / After All (2008)

 

東京の Yasuhiko Fukuzono さんのユニット、aus による2008年リリースの 6th。

 

これはちょっと厳しいです…。ヘリオスの新譜を聴いた時と同じような印象。アコギやピアノなどの生音を出しつつ、美しいエレクトロニカとして作りあげた内容です。ヴォーカルを全面的に取り入れたりしてますが、なんだか昔のビョーク劣化コピーみたいで、あまり深い印象を受けることはなく。聴き心地の良いエレクトロニカではあるものの、非常に表層的な印象で、結局何がしたいのかよく分からなかったです。聴き手に何を届けたいんでしょうか。確かに雰囲気の良い音は出ているけど、全体の空気が淡すぎて、それがこちらに刺さってこないなと、思いました。最後に収録されている、他者による3曲のリミックスの方が断然良かった。この内容であれば、インストものでレベルの高いエレクトロニカであった『Lang』などの方が良いと思います。あちらはあちらで袋小路ですが、今作のように曖昧模糊としている内容を聴かされるのは、正直、辛い体験であります…。ずいぶん多作の感がありますが、じっくりと先を見据えて作り込んだ方がいいのでは、と思いました。なまじ、どんどん作れる実力がある人だけに、難しいのかもしれませんが。

 

After All

After All

 

 

広告を非表示にする