読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 I Am Robot And Proud / Uphill City (2008)

 

トロントの Shaw-Han Liem さんによるユニット、2008年リリースの 4th。

 

これまでの作品と同じく、基本路線は変わらず、メルヘンなエレクトロニカです。きめ細かいビートと、きれいな上モノ。個人的には毒の無いモノにはあまり惹かれないので、その無味無臭っぷりに辟易してもよさそうなものですが、この人の音楽については、不思議とそうした感情は抱きません。むしろ、エレクトロニカという、ある意味閉鎖的なジャンルを、しっかりと地に足をつけた姿勢で突き詰めているような気がして、好感を持ちます。単純に、レベルが高い音楽ってだけかもしれませんが。ともかく内容は、ぐっと伸びた前作の流れそのままに、良質な音楽です。ふんわりとした電子音で作り上げる、穏やかな雰囲気を維持しつつも、メロディがちょっとエキゾチックな感じで、北欧系とは一線を画しているようで面白いと思います。ブラスなどの生音を、ジャズのように響かせたりしており、表層的な聴き心地の良さだけではない、味わい深さを感じる。どの曲も同じように聴こえるので、好みによっては通して聴くとちょっと萎えるかもしれませんが、そこを差し引いても、良い音楽だと思いました。そんな感じで、いつも同じやり方で、次回作が心配になってしまうのですが、ちょっとした味付けを工夫したりしつつ、飄々と軽やかに仕上げていると思います。思いっきり好きになったりはしないけど、意外と手放せない音楽と言えるかもしれません。高値安定。

 

Uphill City

Uphill City