nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 Fuji Rock Festival '09 1日目

 

今年も行ってきました。1日目から順番に。

 

Doves @ GREEN STAGE

本当は別のバンドを観ようと思っていたのですが(ダヴスはライブがあまり良くないので…)、新譜も相変わらずのスルメ盤でかなり良かったし、やっぱり観ておきたいなぁということで、いつも通り過ぎるだけのグリーンで足を止めました。ライブは、演奏がバタついてたり、声が出てなかったりと、予想通りの内容で、グリーン向けではなかったと思う。まあ、セットリスト的には新譜を中心に据えつつも過去の名曲はしっかりやってくれたので、ファンとしては楽しめました。

終わった後で、ボードウォークを通っていつものように奥の方へ。ヘブンのサケロックをちら見したけど、相変わらずの前列しか盛り上がらない内輪向けの空気を醸し出す MC に辟易。音楽はいいのに、と思いつつ、オレンジへ移動。

 

Rafven @ ORANGE COURT

レーヴェンはスウェーデンのバンド。フジはこういうバンドを観ると決めているので、観ました。これが素晴らしかった。トラッド系の音楽で、私がそれ自体好みというのもありますが、とにかくライブパフォーマンスのレベルが非常に高く、キメるべきところをきっちりとキメる、盛り上げ所を押さえたライブでとても楽しかった。期間中、何度もライブをやるようなので、また観ようと心に決める。

 

Jeff Lang @ FIELD OF HEAVEN

ギターの名手ということで、初見でしたが観ることに。ドラムとベースの普通の編成で、普通のロック的楽曲をやっており、なんか違うなと思いつつ観てましたが、だんだん調子が出てきたのか、ギターのパフォーマンスがどんどん凄い方向に向かい、中々良かったです。どうやって出しているのか、理解できない音がギターから発せられていて、興奮。ちょっとダレる時間が多かったような気もするけど、結構楽しめました。

この後、草の多いアバロンで、ROCK'N'ROLL GYPSY AVALONS を聴きながらのんびり。雨が継続してだいぶ降っており、この辺りから草の無いオレンジは沼と化します。

 

Tortoise @ FIELD OF HEAVEN

本日の私的メイン。やっぱり一度くらいはトータス観ておかないとなぁ、ということで観ました。メンバーが目まぐるしく担当楽器を変えながら、持ち曲を「ライブ」してることに感動。同じ曲なのに、CD からとはまた違った印象を受けるのが面白かったです。中盤辺りに持ってきた「TNT」などは、最高に沁み入りました。一方、それ以降は目立った展開もなく、ゆらゆらと揺れているうちに、うつらうつら…と立ち寝。中だるみというよりは、それだけ心地良かったということにしておこう。気がついたら終わっていたような感じ。しかし、まさかの再登場後のアンコールは、噂に聞いてた難解な手拍子(たしか四・二・三・四を高速で)も含めて盛り上がりました。満足。

 

Gong @ ORANGE COURT

終わりの30分だけ。見た目普通におじいちゃんですが、まるで子どものようなパフォーマンス。後ろに引っこんだと思ったら、全身タイツの宇宙人のような格好で登場してきたのには唖然としてしまいました。楽曲は、トリップ感の強いプログレとでも言えばいいのか。特に私が観た深い時間帯は、Rovo のように音がグルグルと回っており、結構良かったと思います。

この後、同じ場所で System 7 を観ようか迷ったのですが、オレンジはもうすでに大変なことになっているので、グリーンへ戻る。何だかんだでやっぱり観ようかなということで、オアシス待ち。

 

oasis @ GREEN STAGE

サマソニに出た時はラーズを選択したので(そりゃどっちか選べと言われたら…)、オアシスを観るのは初めて。しかし、洋楽の原体験はオアシスと言っても過言ではないので、ちょっとドキドキしながら観ましたが、何のことはなく、初期の曲はピョンピョン飛びながらはしゃいだりして、それ以外の曲は、のんびり観てました。最近の曲も悪くはないけど、昔の曲の思い出に勝てないなという感じで。完全に、「なつかしのあの曲」といった、歌謡曲的な楽しさというライブで、思い出以外のものは感じないのだけど、これはこれで、割り切って楽しめました。初期の曲、かなり多かったし(セットリスト)。あと一応、元クーラ・シェイカーのジェイ・ダーリントンがキーボードっていうのも、個人的には注目ポイント。ドラムはザック・スターキーじゃなくなってるのは残念。まとめると、「Rock 'n' Roll Star」「Roll with It」「Morning Glory」「Wonderwall」などが良かったね、という話です(2nd ばっかり…)。また、ラストの「Don't look back in anger」「Champagne Supernova」「I Am the Walrus」の流れは完璧でございました。特に最後!

 

2日目へ続く。

 

広告を非表示にする