読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 Caspian / Tertia (2009)

 

マサチューセッツのバンド、カスピアンによる2009年リリースの 2nd。

 

いわゆる轟音系のポストロックです。前作は溜めにためてどかーんと爆発させる、轟音系ポストロックの正に直球勝負でありましたが、あまりにも剛速球だったので力でねじ伏せられた感がありました。今作はさすがに飽きるだろうと思っていましたが、さらに伸びてきてびっくりした。まさに驚嘆の出来であります。まずは世界観の作りこみが半端ないです。音の渦がよりドラマティックかつ壮大になっていて、どこまでも高みに上っていくかのよう。音にここまで説得力があると、否が応にも引き込まれてしまう。フレーズも分かりやすくて、それを惜しげもなくバンバン繰り出してくるので、気分も上がり放題です。内省的な方向に向かわず、ひたすら開放的な音の志向が感じられるところもポイント。その上今作は、リズム隊の展開に目を見張るものがあり、曲間のベースラインとか、後奏のドラミングが非常に効果的なアクセントになっていると思います。ここだけ取り出してみれば、若干、安易なビートに流れている気もするけど、この轟音と組み合わさると、無類の心地よさを発揮しますね。とても素晴らしい。

 

というわけで、ドラマティックな方向性をとことん突き詰めた傑作。彼らが、轟音系ポストロックというジャンルの最高峰にいるバンドのひとつであることは、疑いようもありません。地力が非常にあるので、さらにまだ上に行けるんじゃないのか、という期待感も持てる内容です。本当に素晴らしいです。

 

Tertia

Tertia

 

 

広告を非表示にする