読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 Green Day / 21st Century Breakdown (2009)

 

グリーン・デイによる2009年リリースの 8th。

 

00年代総括が流行ってますね。私は、00年代を代表するアルバムと言うと、"American Idiot" (2004) を思い浮かべるのですが、皆さんはいかがでしょうか。好きなアルバムは違うのですが、「代表する」っていうと、まず思い浮かべるのがこの作品。それだけ、聴いたときのインパクトは強かったということだと思うのですけれども。閑話休題。

 

そして、5年振りのこのアルバムです。最初に聴いたときは、前作ほどの衝撃は感じなかったのですが、しばらくすると、じわじわと気に入ってきた。今はこの作品の方が好きになってます。「コンセプト・アルバム」であることはそのままですが、良い意味で肩の力が抜けた作りになっていて、とても聴き心地が良い。とはいえ、「ゆるい」というわけでもなく、相変わらず高レベルな演奏技術と、耳に残るメロディでもってかなり聴かせる、エンタメ性の高い仕上がりです。コンセプトもしっかりしていると思いますし、前作で身に付けたアルバムの作り方を、着実に熟成させてきたなという感じ。彼らお得意の、まさにグリーンデイそのものとしか言えないような定番風の楽曲もあり、前作から引き続き、曲中で展開が目まぐるしく変化する劇的な楽曲もあり、M-9「Peacemaker」や M-12「Viva La Gloria? (Little Girl)」など、遊び心のある新鮮な曲もあって、全18曲ながら、最後まで全く飽きさせません。感覚的には、"Warning" にも近い雰囲気を感じたりもしますし、非常に懐の深い作品だと思います。

 

というわけで、彼らのこれまでのキャリアをしっかりと踏まえた、素晴らしいアルバムだと思いました。このバンド、一体どこまで行くんでしょう。まさに無敵な感じです。

 

21st Century Breakdown

21st Century Breakdown