読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 スガダイロートリオ / 坂本龍馬の拳銃 (2009)

音楽

 

スガダイロー率いるフリージャズトリオによる、2009年リリースのアルバム。メンバー構成は、スガダイロー(pf)、東保光(b)、服部正嗣(ds)。いろんなミュージシャンとの競演作を矢継ぎ早にリリースしてきましたが、彼自身の本格的なアルバムとしては、ソロデビュー作『スガダイローの肖像』から1年ぶりの作品、という位置づけになります。

 

内容ですが、これまでのダイロー仕事の中では、最高レベルの出来かなと思います。気のおけないメンバー同士による息の合ったプレイで、ダイローのピアノが本当に躍動しているよ。これまで、ミュージシャンとのいわゆる「対決」を前面に出した、競作的な作品が多かったのと(それはそれで非常にスリリングかつ刺激に満ち溢れた内容ではあるのだが)、去年のソロアルバムは、顔見世的に色んな要素を詰め込みすぎた感があったので、本当の意味で、真正面から、彼の才能が爆発しているアルバムというのは、これが初めてかなぁという気がする。フリージャズの混沌とした世界観を作りながらも、耳に馴染むフレーズがとっつき易いところが良いです。そこから、ひとたび足を踏み入れるや、「ズレ」や「破壊」が次々と押し寄せてきて、興奮しっぱなしになる。疾走感のある「ジャンクション」が特に好き。ベースがもう少し前に出て欲しいとか、トリオとしての成熟はこれからかなという気もしますが、とにかく勢いがあって、ひたすら衝撃的です。

 

というわけで、現時点でのダイローの勢いを象徴するかのような、素晴らしい内容です。おそらく、王道なジャズを押さえておくと、そことの差異が比較できたりして、より楽しめるのだろうなという気もする。そういった部分も含めて、長く付き合っていきたいと思う作品でした。ダイローはやはり素晴らしい。これからも追い続けます。山下洋輔トリオを越えてください!

 

坂本龍馬の拳銃

坂本龍馬の拳銃