読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 Atlas Sound / Logos (2009)

 

Deerhunter のボーカル、Bradford Cox のソロプロジェクト、アトラス・サウンドによる2009年リリースの 2nd。

 

昨年の聴き逃し。前作は未聴。ディアハンターの中の人であることも後から知ったわけですがしかし、これはとても良かった。淡くて陶酔感のある音色が全体を包み込む、サイケデリック。聴いていると、やはりというか Animal Collective を思い起こさせます。彼らはずいぶんと弾けておりましたが、アトラス・サウンドは非常に落ち着いて聴けて、安心感すら覚える。個人的にはこちらの方が好きです。

 

ついでに、2009年に一気に弾けた感のあるアニコレについて書くと、昨年のアルバム "Merriweather Post Pavilion" は、個人的にはあまり合わなかったなというのが正直なところです。インパクトは非常に強く、とにかくビックリしたわけですが、抱いた感想はとにかく「凄まじい」というもので、この世界に浸ることは出来ないなと、若干引いてしまった。21世紀のサージェントペパーズとかいう評価も目にしますが、個人的に感じたのはこれは限りなく「ディズニー」的ではないかということで。祝祭空間に思い切りはまれず、居心地の悪さを感じてばかりいました。

 

で、話は戻ってこのアトラス・サウンドの音楽は、アコースティックな質感と淡いノイズ、そしてエレクトロニカ的な音の配置などで構成され、それらが自然とひとつに溶け込んで、耳に流れ込んできます。ボーカルも良いアクセントとして効果的に配されているし、楽曲として比較的崩れてもいないため、とても聴きやすい。そしてひとたび、とろとろと心地よい気分にハマってしまうと、もう抜け出せなくなります。序盤の数曲で引き込まれてしまうと、後半のより深い時間帯は、もう当たり前のように陶酔してしまう。そんな感じで、受け皿が広いので、即効性もちょっとはある上に、長く付き合えそうなじわりじわりとした魅力もあると思います。とても良かったです。前作も聴いてみます。

 

Logos

Logos

 

 

広告を非表示にする