読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 SxOxU / SxOxU (2009)

音楽

 

松本素生 (GOING UNDER GROUND) のソロプロジェクト、ソウによる2009年リリースの 1st ミニ。ビークルのヒダカによるプロデュース。田渕ひさ子andymori のメンバー等がバンドメンバーとして参加してます。

 

ゴーイング聴いたことありませんごめんなさい。そんな私ですが、この作品はまさに90年代のギターポップを現代にそのまま持ってきたような音楽かと思います。最初にギターがバーンて鳴ってジャキジャキと刻む中、バースが始まりながら徐々に曲がアガッていき、コーラスが炸裂する。懐かしすぎるだろこれ。何かのパクリでもパロディでもなく、セピア色の中で徹底的に美化された音楽が、過去の思い出とともに流れてきて、言い様のない想いに捕われてしまいます。とても気持ちの悪いことを書いています。最初はふーんよく出来てるよな、くらいのつもりで聴いていましたが、深夜になって思考停止すればするほど、寒い中ジッと固まりながら、浴びるように聴いてしまう自分がいる(この瞬間に☆ひとつ加点)。実に情けない。

 

…というだけで終わるのもアレなのでもう少し書く。ヒダカっぽいコーラスの入れ方とか、職人芸だなと思います。基本的に、よく伸びるメロディーと疾走感のある曲調がさわやかですが、要所を締めるアレンジの業も印象に残る。基本英語詞のところに、「さよなら~」とか急に日本語を入れてくるタイミングには思わず笑ってしまった。最後に入れたアコースティックバージョンにしたって、狙いすぎだっての。しかし乗せられてしまった自分は何も言えませんが。後、多分ひさ子たんだと思うけど、「Departure」の後奏で自由にギターが暴れ回っていたところが、個人的には一番の聴きどころでした。

 

以上です。こんなに長く書くつもりじゃなかったのに、書いてしまった。今は反省している。

 

SxOxU

SxOxU

 

 

広告を非表示にする