読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 The Electric Soft Parade / No Need To Be Downhearted (2007)

音楽

 

ブライトン出身の4人組バンド、エレクトリック・ソフト・パレードによる2007年リリースの 3rd。

 

一聴してまず、音の感触がかなり変わったと思いました。以前までのアナログっぽい手触りから、電子音の使い方が印象に残るパキパキとした音作りに変化しています。一方で、ゆるいサイケ感のあるアレンジも再現されており(あくまでも「再現」という感じなので、これまでの感触とはやはり違うのですが)、特にギターは以前よりも際立って聴こえてくるように思います。バンドが出す音というより、宅録っぽさが若干あるかもしれません。曲調は、2nd を踏襲した形で、素朴さの向こう側から牧歌的に聴こえてくるようなのどかな感じ。速い曲もあったりと多少ながらもメリハリを効かせてて、しっかり作られている印象なので、これまでで最も完成度の高い作品という気がします。1st と 2nd の間に身を置きつつ、新機軸を打ち出そうとした感じとでも言えるでしょうか(単純に資金とかの問題かもしれませんが…)。

 

とはいえ、それが良い音楽になっているかというと、ちょっと疑問ではあります。彼ら自身の変化としては、それなりに興味深い方向に向かっているような気はするのですが、結果的にはインディーポップの型にがっちりハマッてしまったような印象があって、特筆すべき点もあまり思い浮かばないなというのが正直な感想でした。悪くはないのだけど、聴くそばから記憶がポロポロとこぼれ落ちてしまい、最終的には個々の楽曲がまるで印象に残っていないのは、私がボケてしまったからではないはず…(マニアックな聴き込みが足りないという自覚はあります)。

 

以上です。このバンド、実質は活動休止状態みたいですね(メンバーは Brakes 等、別バンドで色々と活動している様子)。各アルバム、それなりに聴かせる内容ではありましたが、最も印象に残っているのが、結局は 1st シングルの「Silent To The Dark」であったというのも、いささか残念であります。

 

No Need to Be Downhearted

No Need to Be Downhearted