nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 Gui Boratto / Take My Breath Away (2009)

f:id:akiu:20120225232513j:plain

Gui Boratto / Take My Breath Away (2009)

ブラジルはサンパウロGui Boratto による 2nd。Kompakt から。

2009年の WIRE で、横浜アリーナに響き渡った「No Turning Back」(本アルバムに収録)が、私の中では相当なアンセムになっております。個人的には、2009年のベストトラックだと思う。この曲は、彼のキャリアからみるといささか異質な印象で、ニューウェーブ風の電子音やギター・高音ベースもどき(!)といった音を取り入れつつ、ブレイクからの開放感も炸裂している名曲であります。

次に、アルバム全体の感想です。初めて聴いた時は、やっぱり「No Turning Back」ばっかりが印象に残っていたのですが、先日聴き直してみて、全体的にも素晴らしいアルバムであると認識を改めました。基本的な路線は 1st から変わらず、ミニマルサウンドを主軸として、様々な音色をちりばめた音楽でありますが、明らかに作り込み度が増している印象で、これまでもあった即効性と同時に、じわじわと深みも感じさせる内容になっていると思います。キャッチーで耳に心地よく残るフレーズは健在である一方、音の引き出しや楽曲の展開はぐっと増えていて、アルバム通して豊かな表情を見せていると感じます。あくまでもイメージレベルですが、テクノというよりはハウス寄りになったような印象も受けます。先鋭的な音楽というよりも、ひたすら懐の深さを感じさせる音楽へシフトしたとでも言いますか。

また、M-5「No Turning Back」がアンセムであることは変わりないのですが、そこに自然と入っていける前半部の展開とか、盛り上がった後の後半部の変質的な面白さとか、アルバム全体としての仕上がりについても、今回改めて思い至ることもあって、とても良かったです。新しい発見となりました。

というわけで、前作からぐっと進化を遂げた作品だと思いました。前作も好きですが、今作は聴いていて舌を巻いてしまうほどの内容だと思います。素晴らしかったです。

 

Gui Boratto ~ No Turning Back Roxy Praha live

 

LINUS RECORDS / Gui Boratto : Take My Breath Away [2xLP + CD]

HMV ONLINE / Gui Boratto (ガイ ボラット) - Take My Breath Away【CD】

 

【今後の予定】

音楽記録 Gui Boratto / III (2011)

音楽記録 Gui Boratto リミックスワークまとめ

広告を非表示にする