読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 Caribou / Swim (2010)

音楽

f:id:akiu:20120921221410j:plain

音楽記録 Caribou / Swim (2010)

カナダの Daniel Snaith によるソロプロジェクトの 3rd(Manitoba 名義の作品を含めると、通算5作目)。

初めて聴きました。エレクトロニカ系で実験的な要素が強いのかなと勝手に思っていましたが、今作に限れば、ほのぼのとしたインディポップという感じで、思った以上に聴きやすい内容でした。軽やかなビート、ちょっとひねったメロディー、フレンチポップのような囁き系ボーカル、少しだけサイケデリックなサウンド。劇的に興奮する瞬間とかは用意されていませんが、ゆったりとした気分で、心地よく聴ける音楽です。

いっぽう、その聴きやすさの裏側で、楽曲の構成にはかなり凝っている印象があります。鳴らされるべき音を精査して、決め細やかに計算した音を鳴らしているという感じ。とりわけ、歌無しで、音がより前面に出てくる楽曲は、その緻密さに思わず惹きこまれる(M-5「Bowls」)。ライブでも、作りこんだ音の設計を、徹底的に再現する方向でプレイするらしく、職人的な味わい深さが、アルバム全体から漂っていました。

という感じで、地味ながらも様々な表情を見せる楽曲群に魅せられました。完成度が高く仕上がっているのに、人間くさい暖かさも持ち合わせており、総じてリラックスした気分で聴けるけど、たまに目の覚めるような瞬間に出会える、そんな捉えどころのない感じ。レイモンド・カーヴァーの短篇小説のような音楽だと思いました(ちょうど読んでいただけ、という話もある)。とても良かったです。

 


Caribou - Bowls

 

LINUS RECORDS / Caribou : Swim [CD]

 

【次回予告】

ライナスレコードで、本アルバムのおススメ・関連商品として挙げられている、フォーテットのアルバムを聴きます。

音楽記録 Four Tet / There Is Love In You (2010)

 

 

広告を非表示にする