読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Book】 本当の片手読書生活 - 読書記録 Kindle Paperwhite 購入

f:id:akiu:20130804121541j:plain

Kindle Paperwhite を買いました(Wi-Fi 版)。

1ヶ月くらい使ってみたので使用感を書いてみたいと思います。特に、読むことについて。

尚、購入動機は、「本(特にマンガ)の置き場所を気にせずに読書したい」というのが最も大きいです。逆に、そのおかげで出費が抑制できてたんじゃ…という気もしつつ。

 

片手で読める、片手でページがめくれる

個人的に、一番大きかったのはこれです。通勤途中、つり革につかまったり、カバンを持ちながら、反対の手だけで読書ができる。

文庫本など、紙の本でも基本的には片手で持ちますが、片手でページをめくるのはなかなか難しいです。特に満員電車など身動きのとりづらい状況では難しい。その点 Kindle はタップするだけでページ送りができる。個人的に、これが一番ヒットしました。

 

読書に集中できる

紙の本よりも読書に集中できます。当然ながら、デバイス自体が曲がったりせずに固定されるので、読書の姿勢、視線などが安定する。読書スピードは明らかに上がりました。

 

周辺情報の少なさから定着度がやや低下するかも

読書自体に集中することはできるのですが、逆に、周辺情報が少ないことが読書にちょっと影響を与えるかも、というのはあります。ここで言う周辺情報とは、紙の本の質感とか、においとか、著者近影とか、あらすじとか登場人物紹介をさくっと読み返したりとか、本をぱらぱらとめくったり閉じたりとか、そういうの。この辺は慣れれば気にするようなことではないかもしれないし、まだなんともいえないところです。

 

待ち受け画面(スクリーンセーバー)がかっこいい

f:id:akiu:20130804120751j:plain

こんな感じの画像が20種類。かっこいいと思います。またこの状態では、電池を消費しません。E-ink バンザイ。

 

だいたいこんなところです。

他、ざっと色々を書き出してみると、

良いところは、

  • 電子ペーパー (E-ink) の読みやすさは最高(目が疲れない)
  • 電池の持ちがよすぎる(2週間くらいは平気で持ちます)
  • 充電用のACアダプタは別売りだけど買う必要ないよね(スマホのヤツとかを流用可)
  • Kindle ストアの1日限定セールは魔物(長所なのか…?)

イマイチな所は、

  • Kindle ストアの品揃えはもっとガンバレ超ガンバレ(本当にがんばってください…)
  • マンガを読むにはちょっと小さいかも(漫画文庫サイズくらい。拡大はできるけど、それはそれで読みづらい)
  • 読書以外(Web ブラウジングとか)にはぜんぜん使えないので期待しないように(使うつもりもないのですが)

 

こんなところです。長所も短所もいろいろありますが、全体的にはかなり気に入っています。 

新たな読書体験、とまでは思いませんが、今の読書生活がちょっと豊かになったかなと思える買い物でした。これからも愛用させていただきます。

 

Kindle Paperwhite (2012年モデル)

Kindle Paperwhite (2012年モデル)

Kindle Paperwhite 3G (2012年モデル)

Kindle Paperwhite 3G (2012年モデル)