読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 酔っ払ったダフトパンク - DJ Koze / Amygdala (2013)

音楽

f:id:akiu:20140214220931j:plain

DJ Koze / Amygdala (2013)

 

  1. Track ID Anyone? (Feat. Caribou)
  2. Nices Wölkchen (Feat. Apparat)
  3. Royal Asscher Cut
  4. Magical Boy (Feat. Matthew Dear)
  5. Das Wort (Feat. Dirk Von Lowtzow)
  6. Homesick (Feat. Ada)
  7. La Duquesa
  8. Marilyn Whirlwind
  9. My Plans (Feat. Matthew Dear)
  10. Don’t Lose My Mind
  11. Amygdala (Feat. Milosh)
  12. Ich Schreib' Dir Ein Buch 2013 (Feat. Hildegard Knef)
  13. NooOoo (Feat. Tomerle & Maiko)

 

ドイツの Stefan Kozalla によるたぶん 2nd。自身のレーベル Pampa から。

 

2007年の WIRE で変態的な DJ を披露していたのをよく覚えています。Koze はドイツ語で「ゲロ」だって、当時、石野卓球が紹介していました(正確には「kotzen」が「嘔吐物」という意味で、同じ発音だからそう言ったようです)。ひどい紹介の仕方ですが、そんなゲテモノじみた雰囲気は確かにただよってます。ちなみに、アルバムタイトルの「Amygdala」は、扁桃体という意味らしい。なんのこっちゃ。

 

全体的な印象は、ふわふわしていてとらえどころのない感じのハウスです。

 

ゲストボーカルを半分以上の楽曲に配しつつ、深くゆっくりとした四つ打ちや、淡くミニマルなサウンドを中心に、逆回転やループした音色をふんだんに取り入れており、浮遊感のあるトラックが多く、ひたすらゆるい雰囲気。深夜にダラダラしながら聴くと、とても気持ちいい。気がつくと寝ている。

 

最初から最後まで、ちゃめっけたっぷりに不気味な笑みを浮かべているような感じ。よい意味でまとまりがなく、下品で節操のない、とろけるようなサウンドは、まるでダフトパンクがヨッパライにでもなったような、気だるい雰囲気をまとっていると思いました。ダフトパンク、ロボットなのにね。

 

そんな感じです。ミニマルでポップなダンスミュージック。Kompakt 系のテクノサウンドが好きな自分の嗜好にかなりハマりました。とてもよかったです。

 

LINUS RECORDS/DJ Koze : Amygdala [CD]

 


DJ Koze - Marilyn Whirlwind - YouTube