読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 WIRE セカンドフロア系 - Mungolian Jetset / Mungodelics (2012)

f:id:akiu:20140309041245j:plain

Mungolian Jetset / Mungodelics (2012)

 

  1. Toccata (Mungolian Jetset presents Jaga Jazzist vs. Knights Of Jumungus)
  2. Revolving Door (Mungolian Jetset vs. Unni Wilhelmsen)
  3. Smells Like Gasoline
  4. Mung`s Picazzo (Mungolian Jetset vs. Athana)
  5. Mush In The Bush
  6. People On Strong Stuff
  7. Ghost In The Machine (Mungolian Jetset presents The Sjukt)
  8. The Dark Incal (Mungolian Jetset presents Knights Of Jumungus)

 

ノルウェーの2人組による 3rd。Smalltown Supersound から。

 

突然ですが、WIREセカンドフロアに出るようなアーティストが好きです。

日本最大級のレイブイベント、WIRE横浜アリーナ全体を巨大なステージとして作り上げるファーストフロアとは対照的に、セカンドフロアはこじんまりとした小ホール。

せまく密閉された空間のため、非常に蒸し暑く、空気の悪い環境の中、個性あるメンツがそろうセカンドフロアでは、幾度となく楽しい音楽に出会ってきたものでした。そういえば DJ Koze もココで知った。息苦しくてハイになっているだけでは? とか言わない。

 

そして、Mungolian Jetset の音楽を聴いた時、真っ先にあの、セカンドフロアの風景が思い浮かんだのであります。

 

全体として、ゆるやかなハウス、ディスコが基調です。ジャンル的には、「Nu-Disco」というやつか。

 

ダンスミュージックの体裁を取る中で、ニューウェーブやインディロック、アンビエントサイケデリックといった、いろんな要素をうまく取り込んでいます。仕上がり具合はとてもよく、完成度は高い。

 

基本的に端正なつくりなので、ガツンとくるような刺激は特にありませんが、自然と耳に溶け込んでくる心地よさがあって、何度も繰り返し聴いて、ふわふわした気分になりました。

 

一方、M-7「Ghost In The Machine」のように、フロアで気持ちよく踊れるような曲もあります。というかこの曲、実際に誰かが WIRE で回してた記憶ある。確かクリックハウス系の人…(うろおぼえ)。

 

という感じで、高い完成度を誇ると同時に、聴く側の力点の置き具合によって、聴くたびにその様相を変える、すばらしい作品でした。おススメしてくれた、Linusrecords の中の人に感謝です。

 

LINUS RECORDS/Mungolian Jetset : Mungodelics [CD]

 


Mungolian Jet Set Presents: The Sjukt - Ghost In ...