読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Book】 あえて Kobo、そして改造天国へ

Kobo glo を購入し、電子書籍の購入を Kobo ストアから行うようにしました。

約2ヶ月経ったので、いろいろ書いてみます。

 

f:id:akiu:20140321095839j:plain

裏面のピンク色がなかなかよいかんじ

 

これまでは Kindle Paperwhite 片手に、Kindle ストアを主に使用していました。

【Book】 本当の片手読書生活 - 読書記録 Kindle Paperwhite 購入 - nettyu

 

あえて Kobo

乗り換えたおもな理由は以下です。

  • 楽天ポイントが期間限定でよく貯まるので、有効活用したい
  • Kindle セールは Kobo セールの後追いが多いので、オトク度はあまり変わらない
  • Kobo glo楽天会員限定で安売りされていた(約半額)

Amazon と比較して、楽天 Kobo の事業継続性には不安を覚えましたが、まあどこも一緒かなぁと思いつつ、その辺には目をつぶりました。

 

そんなわけで足を踏み入れた Kobo ちゃんワールドですが、切り替えた後で色々と知ったことがあります。うれしい誤算というやつです。

  • 改造天国である(内蔵容量、ファームウェアなど)
  • 海外で配られているクーポンも使える

 

かってに改造

Kobo glo について調べていたら、わりと簡単に改造できることが分かりました。

デフォルトで内蔵されている micro SD カードを、市販のものに入れ変えることで容量を増やせます(ひとはそれを「換装」と呼ぶ)。マンガを読むことが多いこともあって、Kindle Paperwhite はいつも容量オーバーしており、読んでは削除し買っては容量が不足しと、イライラしていたのでそれが解消するとはありがたい。

また、ソフトウェアについても、有志の方が作成されたカスタムファームウェア(CFW) を導入することができます。コンフィグをいじることで、処理スピードが格段に上がりました。

もちろん、サポート対象外ですし、改造はあくまでも自己責任ということになりますが、改造には無事に成功し大変快適に使用しております。

 

作業にあたっては、以下のサイトを参考にさせていただきました。

個人的には、裏ぶたをあけるのが意外と難しかった。割っちゃいそうなくらいチカラを入れるので勇気がいりました。自分、不器用ですから。

 

クーポンのグローバル化

Kobo は基本的に、安売り時は値引きクーポンのコードを入力して買います。

購入前に設定画面で、クーポンを使用できる設定にしておかないと、使用する間もなく直で購入してしまいます。ワナかよ。

また、クーポンは一冊購入するたびに入力することになるので、めんどい。

などと悪いところはありますが、海外で展開されているクーポンも使えるので、それはいい感じです。海外では50%クーポンとかがけっこうな頻度で配られています。仕様の問題で「使えてしまう」だけのようにも思いますが気にしない。

また、クーポン値引きだと特定の商品が安売りされるのと異なり、全書籍に対する値引きとして使用できるのが、何気にうれしいです。買いたいものを割引で買えるので。

 

海外系のクーポンは以下のサイトでまとめていただいているのでいつもお世話になっています。

 

国内の Kobo ストアで配られるクーポンも増えてきましたが、30%オフくらいではまだまだ、と思ってしまいますね…。

その他、メルマガ限定でクーポンを配ったりと、闇討ちセールも充実しています。結局、余計なものを買ってしまっているようにも思いますが気にしない。

 

そんな感じです。

私は、本を読むより、本を買うのが好き、みたいな買い物ジャンキーなので、色々と策を練りながら買い物できる楽天 Kobo は相性がいいなと思うのでした。

これからも使う予定。

でも、Kobo ストアの使い勝手の悪さはどうにかしてください。正直、Kindle とは雲泥の差です。

 

おしまい。

 

広告を非表示にする