nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

Chevel, Maserati - Linus 定期便 2015年11月

 

2015年11月の Linus 定期便報告です。

そろそろ、年間ベストを考える時期がやってまいりましたね。

といいつつ、私は例年、年が明けてから考えるのですが。

年内は、他の方のベスト等を見ながら、ひたすらインプットに費やすのです。

後だしジャンケン、上等。

というわけで、12月は色々と聴くような気がしますが、11月は2枚のみ。

 

Chevel - Blurse (2015)

f:id:akiu:20151128232130j:plain

イタリアの Dario Tronchin さんによる(フィジカルリリースは)1枚目。

ミニマルで実験的なテクノ。

音数はかなり絞り込まれており、シンプルイズベストなテクノを展開。

(音色としても曲展開としても)ノイジーな要素は皆無で、とても緻密でストイックなトラックが並びます。

全体的にとても淡々としていて、作品に深く入り込むようなことはありませんが、耳に心地よく聴ける。

これぞ、引き算の美学って感じです。

LINUS RECORDS/Chevel : Blurse [CD]

 

Maserati - Rehumanizer (2015)

f:id:akiu:20151128232343j:plain

ジョージア州アセンズの4人組による5枚目。

熱き血がたぎるクラウト・プログレサイケデリック・ロック

波打つベース、重いドラム、陶酔感のあるギター、うねりを上げて疾走するシンセ、それらが渾然一体となって、熱くトランシーなロックミュージックを形成。

緩急も抜群に決まっていて、サイケでゆるめなトラックも織り交ぜつつ、上がるところはとことん上げてきます。

ヘンテコなボーカルも、いいアクセント。

インパクト抜群で、素晴らしかったです。

今年のベスト!

LINUS RECORDS/Maserati : Rehumanizer [CD]

 

おしまい。

 

www.linusrecords.jp

 

広告を非表示にする