読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

森にはおばけがいます - 『もりのおばけ』

絵本

 

森と広場

近所に大きめの公園があります。

公園というか、森と広場、的な。

遊具などは無く、自然を堪能できるところが、逆に私たちの好みに合っている感じ。

ということで、よく散歩に行くのですが、先日、ちょっと背伸びして、その公園の中にある、小高い丘に登り、森の中を歩いてみました。

 

f:id:akiu:20151128113059j:plain

 

そしたら、「もりおばけでる?」とか、「おーい」と声を出しながら、歩きだしました。

あきらかに、この本の影響だ!

 

『もりのおばけ』 片山健

もりのおばけ (こどものとも絵本)

もりのおばけ (こどものとも絵本)

 

柏の児童書専門店、ハックルベリーブックスで買った絵本です。

いつもお世話になっております。

 

あらすじ。

ぼくが、弟と森の中でかけっこしたらはぐれてしまい、こわくなって、「おーい」って大声で呼んだら、おばけが飛んできました! たいへんだ!

という話です。

 

おばけが表情を変えないまま、拡大コピーで迫ってくるのが、こわい、こわすぎる。

モノクロの鉛筆画が、お化けのこわさ、不気味さを増幅。

読み聞かせの最中に思わず、息を詰めて見入ってしまいました。

お化けたち、よく見るとひょうきんでかわいい顔なのですが、同じ表情でずっと迫ってくるのが、逆にこわいんですよね…。

 

最初の息子の反応はというと、逃げる途中で脱げた靴を指さして、「あ、くつぬげちゃったー」とずっと言っていました。

そこかい。

といいつつも、森っぽいところに行くたびに、もりのおばけのことを話すので、やっぱり印象に残っているんですね。

 

森の絵本はけっこうあるのですが、有名なのは『もりのなか』ですかね。

これも近いうちに読みたいです。

おとうさんが出てくるみたいだし!

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

もりのなか (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 

 

おしまい。

 

www.ehonnavi.net