読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

動物園や遊園地よりもいいところ - 『バスでおでかけ』

絵本

 

クリスマスだよ

もうすぐクリスマスですね。

妻はキリスト教系の小学校で教師をしていたため(本人は信徒ではない)、クリスマスには一家言を持っているようです。

曰く、クリスマスは自分たちのお祝いをするものではなく、節約をした分で寄付をするもの。

自分の好きなモノやコトをガマンすることで、みんなで喜びをわかちあうのである、とかなんとか。

もうボーナスで本とか CD をわんさか買っちゃたよ。

ともかくわが家では、これ幸いとばかりに、派手なイルミネーションや高価なプレゼント、豪勢な食事などをするでもなく、のんびりとすごすつもりです。

鶏肉は喰らう。

そんなクリスマス気分を味わうために買ったのが、以下の本です。

 

バスでおでかけ - 間瀬なおかた

バスでおでかけ

バスでおでかけ

 

雪がふりそうな、冬の寒い日。

お父さんに連れられて、バスでおでかけします。

動物園とか、遊園地とか、デパートを通るけど、降りません。

きょうはべつのところにいくよ、とかいって。

よくそれで納得したな、子どもたちよ。

それはおいといて。

そうして、たどり着いたところは、とても素敵なところでした。

という話。

 

絵本のサイズは大きめ。そして、絵が細かい。

びっしりと描き込まれています。

小ネタも効いていて、おとなも楽しめます。

「東上野多摩毛山動物園」とか。いろいろまざってる。

どこかのページに、ほんもののサンタクロースがいるらしいぞ! とか、そういう楽しみもあります。

 

また、間瀬さんの作品は、絵本の中になんらかの「しかけ」が仕込まれています。

トンネルの出口が切り抜かれていて、次のページの風景が見える、『でんしゃでいこう』は衝撃でした。

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう

 

『バスでおでかけ』も、さいごに素敵な仕掛けが入っています。

あまり派手な感じでは無いのですが、息子はけっこう夢中で見ていましたね。

「あ、ぴかぴかー」とか言ってた。

たぶん、暗いところから明るいところの対比が印象的なんだと思います。

 

というわけで、動物園とか遊園地とか、デパートよりもいいところっていう話の流れが、親である私も大変気に入った本でしたとさ。

(最後はプレゼントあげてたけどね…)

 

おしまい。

 

www.ehonnavi.net