読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

週末の冒険(庭編)と、『ちょっとみせてくださいな』

絵本

 

はじめに

4月の話です。

わが家にある小さな庭。

ちょっとずつ野菜を育てています。

あたたかくなってきたので、雑草をとって整備をしました。

ということで、今回の冒険は、庭。

庭ですが冒険です、と言い張ってみる。

いや、初めての体験はすべからく冒険なんだよ!(なぜキレたし)

 

虫をさがせ

というわけで、父子で庭に降り立ちました。

f:id:akiu:20160511225329j:plain

植木鉢をどかすと、虫がたくさんいるんですよ。

 

ダンゴムシはもちろん、ヤモリもいました。

真っ白いニホンヤモリ

実は生まれて初めて見たので、動揺して写真を撮り逃す父。

ヤモリはいいヤツなので、大事にしましょう。

sirabee.com

 

草取りをしたあとは、妻が野草を色々植えてました。


f:id:akiu:20160512181807j:image

こんな感じ。

 

ちなみに、うちの庭にはヤブガラシがいます…。

ヤブガラシ - Wikipedia

抜いても抜いても、あらゆるところから出てくるので、地中に根っこが張り巡らされていると思われる。

なんとかならないかなーと思いつつ、今、検索してたらすごい駆除方法が出てきたので、やってみようかな…。

ameblo.jp

ちなみに、ドクダミも繁茂していますが、ハーブだと言い張ってみる。

閑話休題

 

今回の絵本は、そのまんまです。

 

『ちょっとみせてくださいな』

http://www.fukuinkan.co.jp/goods_img/234383.jpg

福音館書店|ちいさなかがくのとも 2015年4月号

植木鉢の下にアリさんが入っていったので、持ち上げてみたらアリの巣が!

他の植木鉢もみてみよう! という話。

 

福音館書店の月刊誌、「ちいさなかがくのとも」です。

昨年度(2015年度)から定期購読中。

息子には、昨年の時点ではまだ早かったのですが、そろそろ適正年齢(3歳以降)なので、押入れから引っ張りだしてきました。

 

アリにはじまって、ダンゴムシハサミムシミミズなど、色々と出てきます。

きちんとリアルに描かれているので(ヘンにデフォルメされておらず、一方で、リアルだけど気持ち悪さは感じない)、安心して見せられます。

主人公の女の子も、素朴なタッチでいい感じ。

 

早速、読み聞かせしてみたところ、ちょうど本物を見たばかりだったせいか、夢中になって見ていました。

指さして、「これダンゴムシとか言ってる。

子どもはなぜ、ダンゴムシが好きなのか。

 

おわりに

作者のほりかわりまこ(堀川理万子)さんを調べてみたところ、たくさん絵本を描いていますね。

最近復刊されたらしい、『ぼくのシチュー、ままのシチュー』という本が気になります。

ぼくのシチュー、ままのシチュー

ぼくのシチュー、ままのシチュー

 

息子はけっこう料理も好きっぽいのですが(キッチン戦隊クックルンも大好き…)、なかなか合いそうな絵本が見つからなかったので、読んでみようかな。

 

おしまい。