読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

週末の冒険(水族館編)と、『あたごの浦』

絵本

 

さかなスキー

とつぜんですが、海の生き物が好きです。

サカナとかウツボとかトドとか。

海の生き物って、自分の想像を越える感じが強くないですか。

何でこんな格好してるんだろう? 的な面白さ。

動物園より水族館派。

水族館ガールは観てません(録画はした)。

ということで、梅雨入り前のよく晴れた日に、一番近い水族館へ行ってきました。

 

葛西臨海公園駅に降り立つ。

f:id:akiu:20160529115329j:plain

どーん。

地面からの噴水だー。 

 

葛西臨海水族園

今回訪れた水族館(水族園)は、こちら。

www.tokyo-zoo.net

 

マグロ水槽で有名な水族園です。

一時期、大変そうでしたね。

巨大水槽ではマグロやカツオが何事もなかったかのように泳いでいました。

おいしそう…

 

ということで、水槽を見て回る。 

f:id:akiu:20160529122558j:plain

さめにかぶりつき。

あの、そろそろ次へ行きませんか…。

 

f:id:akiu:20160529132622j:plain

ペンギンもいるでよ。

 

このように、あちこちじっくり見て回っておりました。

いろんな見た目の生き物が次々と出てくるので、すっかり夢中な感じです。

やっぱり、海の生き物は面白いよねぇ。

 

堪能して、帰りました。

お父さんはちょっとつかれたな…。

その後、そういえば魚の絵本は持ってないなーと思い、以下の本を買ってみました。

 

『あたごの浦』

あたごの浦―讃岐のおはなし (こどものとも傑作集)

あたごの浦―讃岐のおはなし (こどものとも傑作集)

 

讃岐のおはなしらしいです。 

 

月のきれいな晩に、さかなたちが陸に上がって大騒ぎする話。

さわぎ方が、どことなくトボけた感じで面白いです。

タコがなすびをむしゃむしゃ食べたり

…食べないよね…?

 

中盤から、かくし芸大会が始まるのですが、それもまたヘン。

鯛が木にのぼり、月明かりでキラキラ輝いて、「松にお日さん」とか。

しかも周りがそれを、「妙々々々々々」と言って、はやしたてる。

ヘンなかけ声だなー!

 

という感じで、終始、不思議な空気が流れているお話です。

文章も訛っていて、それがまたトボけた感じになっている。

 

息子もちょっと戸惑い気味でしたが、とりあえず、「おタコがおナスビ食べてるねー」などと、興味ぶかそうに絵本を眺めていました。

まあ、海の生き物は不思議なんだ、息子よ。

 

おわりに

さかなを扱った絵本って、何か不思議な作品が多いような気がするんですよね。

『ごろごろにゃーん』とか。

ごろごろにゃーん (こどものとも傑作集)

ごろごろにゃーん (こどものとも傑作集)

 

…さかなの本か…?

 

ともかく、海の生き物の規格外な感じが、想像力をかき立てられるのかもしれません。

今度は、ジンベエザメを見に、美ら海水族館(沖縄)にでも行きたいねぇ。

 

おしまい。

 

www.ehonnavi.net