読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 CAN "Tago Mago"

音楽

 

ドイツのクラウト・ロック・バンド、カンによる1971年リリースの3作目。"Future Days" に引き続き手に取りました。今作もとても良いです。全体の雰囲気は、気怠いダビーな音色によってダウナーな感じで、そこに、やる気の感じられないダモ鈴木のヴォーカルや、妖しげな電子音、爪で窓をひっかいたように不快な音を立てるギター等が乗っかり、不穏で不気味な空気を醸し出しております。ドラムやベースはそんな中で妙に尖っていて、よく分からないけど踊れてしまうような印象もあったりして、やっぱり変な音楽だなと思います。そんな中、まともな形を成さないまま音だけがうごうごと鳴り響く30分近い時間とかにやり過ぎ感を抱きながらも、それも含めて堪能しました。"Future Days" の方が完成度が高い気がしますが、こちらも、いささかいびつな感じで良かったです。

 

Tago Mago

Tago Mago

 

 

広告を非表示にする