読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 THE BEACHES / HI HEEL (2009)

 

日本の4人組バンド、ビーチズによる2009年リリースの 3rd。

 

昨年の聴き逃し。ビーチズ名義では3枚目のアルバムになります。基本路線は前作を更に推し進めた感じの、雑多な要素が詰め込まれた、アクの強いダンスミュージック。ギトギトと暑苦しい、熱帯のうだるような夜の暑さを想起させられるような、音楽です。あくまでも陽の当たらないところで、下向きにドロドロと繰り広げられる、地下室的なダンス。メロディーにはちっとも解放感が無く、ボーカルの妙な歌い回しと相まって、いびつな音楽だなぁと思います。面白いことは面白いけど、すべてが暗く陰湿なビートに収斂されていくので、正直、単調さは否めない。この偏執的な傾向は、ライブだと逆に熱狂を作り出すかもしれないけれど、単品ではちとキツイです。解放感が無いっていうのが、今風と言えば今風なのかなぁ。この音楽が、一般的にどのような評価を受けているのか、イマイチ分からない。

 

という感じで、非常に戸惑った作品です。ビーチズについては前作辺りから、どこかもやもやとした気分を抱えたまま聴いている。彼らの目指す音楽性と、聴き手が求める期待と、外部の評価と、それぞれが少しずつズレていて、そのまま数年間経ってしまっているように感じられるのです。ジェリーリーファントム時代の頃のような、とびっきり素晴らしいアンセムが、アルバムの中に1曲でも入っていれば、印象も違うのですが…。

 

Hi Heel

Hi Heel

 

 

広告を非表示にする