nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Book】 ラサール石井 『笑いの現場』

 

ラサール石井『笑いの現場』読了。前半部は自分の歴史からテレビの現場を眺める、みたいな構成で、後半部は芸人の評論、みたいな感じでした。前半は結構面白かったです。相当理屈っぽいなぁと思いつつも、考えそのものはちゃんとしているので、なるほどと思うところも多かったと思います。後半は駆け足すぎて全然物足りなかったのが残念です。

 

笑いの現場―ひょうきん族前夜からM‐1まで (角川SSC新書)

笑いの現場―ひょうきん族前夜からM‐1まで (角川SSC新書)

 

 

広告を非表示にする