読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

【Music】 町田康 / 犬とチャーハンのすきま (2010)

 

町田康による13年ぶりのソロアルバム。参加メンバーは、AxSxE (NATSUMEN)、石橋英子 (PANICSMILE)、恒岡章(元ハイスタ他)、赤坂ミチル (PHEWWHOO)。

 

参加メンバーを見て、聴いてみようと思い立ちました。AxSxE プロデュースですが、楽曲はまさに彼の色が出た、多彩な内容だと思います。BOaT を彷彿とさせるファンキーな楽曲や、夏麺を思い起こさせるフリージャズのようなギターの暴れっぷりなどを、パニスマのプロデュース時のようにポップにまとめあげた、堅実な作りだと思う。それが、町田氏の一見ぶっきらぼうでありながら、周りに気を利かせた自虐的な芸風(敢えて「芸風」と言おう)の詩世界と相まって、とても面白く聴こえます。とりわけ、うどんについて唄う曲が素晴らしく印象深い。さすが、世界一うどんにこだわるパンクロッカーでありますな。

 

という感じで、前半の出来は最高と言っても良いと思うのですが、後半は若干失速気味の感があります。詩と曲が、時に激しくぶつかり合ったり、かと思うと急に調和したりする、緊張した関係が、後半になるにつれて、いささか緩いつながりになってしまっているような感じ。ポエトリーリーディングとか、突然激しく叫びだすパンクナンバーとか、バリエーションはむしろ後半の方が豊富で、上手く仕上がった楽曲が並んでいることは確かなのですが、きれいに結び付きすぎているのか、どうも強い印象を抱かされることなく、さらりと聴き流してしまいました。INU を引き合いに出すのもあれですが、『メシ喰うな』が終盤に見せる狂気の世界のようなモノも見てみたかったと思います。

 

色々言いましたが、全体的には印象に残る楽曲も多くて良かったです。今作は数年前に収録された音源とのことですが、町田氏にはこれからもコンスタントに音楽活動を続けていただきたいと思う次第であります。

 

犬とチャーハンのすきま

犬とチャーハンのすきま