読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

鳥もようなら空も飛べるはず、『わたしのワンピース』

 
父の友

父ですが、「母の友」という雑誌を定期購読しています。

子どもと絵本に関する雑誌、ということで、毎号興味深く読んでいます。

2015年9月号の特集が、「絵本と子ども服」でした。

母の友 2015年9月号

母の友 2015年9月号

 

うちは男の子(現在2歳)なので、ファッションとかはあまり関係ないかなーと思っていたのですが、子そだてサークルで回ってきた絵本の中に、本誌で紹介されていたモノがちょうどありまして。

読み聞かせしてみたところ、意外にもかなりハマったようで、借りている期間中、毎日読まされました

もう本を見なくても全部言えるぜ。

それが、以下の絵本。

 

『わたしのワンピース』 にしまきかやこ
わたしのワンピース

わたしのワンピース

 

どこからか飛んできた白い布でワンピースをつくったら、その布はなんと、周囲のモノによって服の模様を変化させるばかりか、それらの能力すらもコピーして使えてしまうという、オーバーテクノロジーギアだったのです!

まさにサイバーパンクな世界。

 

お花畑に入り込めば、花模様になり、雨が降ってきたら、水玉模様になる。

鳥の群れの中に飛び込めば、たちまち鳥の模様になり、そのまま空を飛びます。

繰り返しの部分をあえて崩していく、ここから先の展開は、かなり興奮する。

とくに、「沈黙」の使い方が素晴らしいです。

最初に読んだ時、思わず感嘆の声を上げてしまった。

私「うわぁ、これは面白いねぇ」

息子「オモシロイねー」

 

というわけで、先日返却してしまったのですが、あらためて買い直した方がいいかなと思えるほどの名作でした。

と書きつつ、初版を見てみたら、1969年

私が言わずとも、40年以上も語り継がれている名作なのでした。

 

おしまい。

 

www.ehonnavi.net