読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

木版画の迫力に、母の強さを感じる名作 - 『ちいさなヒッポ』

 

厳しさと優しさと力強さと

妻は、息子(2歳3ヶ月)にけっこう厳しく接することがあります。

もちろんしつけの一環であり、きちんと理由があってのことですが、休日にその様子を見ていると、ハラハラすることも。

でも、息子は泣いたりしつつもしっかりと母を見ているし、ふたりの間には信頼関係が成り立っているんだろうな、と感じる。

当然ですが、厳しさの裏には優しさがあるんだよなぁと。

 

私がいると、べったり甘えたりイヤイヤしたり、ということが多く(平日はそんなことはないらしい)、そのことが逆に、わが子との距離を感じたりもするのです。

先日、「よーしパパも厳しくしちゃうぞ」と少し態度を改めてみたところ、バチバチ喧嘩みたいになってしまい、思いっきり夜泣きされました

難しい…。

 

そんな折、この絵本を読みました。

 

『ちいさなヒッポ』 マーシャ・ブラウン

ちいさなヒッポ (世界の絵本)

ちいさなヒッポ (世界の絵本)

 

かばのヒッポは、お母さんから厳しい特訓を受けます。

「グァオ!」と大きな声で叫びなさい、と。

危ない時も楽しい時も、とにかくなんでも「グァオ!」と叫ばせます。

その訓練が、本当に必要な時に役に立つのでした、という話。

どうでもいいけど、「グァオ!」って、ちょっと言いづらいです…。

 

絵柄は木版画です。

木目がくっきり、線も太くがっちりとしていて、全体から生命力があふれ出ています。

ヒッポがピンチに陥った時、かけつける母の力強さといったら。

真っ赤な大口を開けて、ワニに挑みかかるお母さんカバ。

息子も思わず、「おかあさーん!」と声をあげます。

これぞ、母は強し、という感じの絵本でした。

 

マーシャ・ブラウンは、『三びきのやぎのがらがらどん』で有名。

そちらにもチャレンジしてみます。

パラパラ眺めた感じ、あちらもすごい迫力のある絵本ですよね…(トロルとか出てくるし)。

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

三びきのやぎのがらがらどん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

 

 

おしまい。

 

www.ehonnavi.net