nettyu

読書、音楽、ゲームなど、エンターテインメント系の趣味について書きます。

音楽

【Music】 WIRE セカンドフロア系 - Mungolian Jetset / Mungodelics (2012)

Mungolian Jetset / Mungodelics (2012) Toccata (Mungolian Jetset presents Jaga Jazzist vs. Knights Of Jumungus) Revolving Door (Mungolian Jetset vs. Unni Wilhelmsen) Smells Like Gasoline Mung`s Picazzo (Mungolian Jetset vs. Athana) Mush In …

【Music】 酔っ払ったダフトパンク - DJ Koze / Amygdala (2013)

DJ Koze / Amygdala (2013) Track ID Anyone? (Feat. Caribou) Nices Wölkchen (Feat. Apparat) Royal Asscher Cut Magical Boy (Feat. Matthew Dear) Das Wort (Feat. Dirk Von Lowtzow) Homesick (Feat. Ada) La Duquesa Marilyn Whirlwind My Plans (Feat…

【Music】 ごく自然なバージョンアップ - The Field / Cupid's Head (2013)

The Field / Cupid's Head (2013) They Won't See Me Black Sea Cupid's Head A Guided Tour No. No... 20 Seconds Of Affection Mind Mischief (The Field Remix) - Tame Impala *Bonus Track スウェーデンの Axel Willner によるユニットの 4th。Kompakt …

【Music】 パワポ方面 UK ロック行き - Feeder / Generation Freakshow (2012)

イギリスのロックバンド、フィーダーの 8th。昨年出てたの気づかなかったよ。 2010年リリースの前作 "Renegades" は、グランジ方面に針を振り切ったような作品でした。サイドプロジェクト "Renegades" の活動の中でつちかった要素が、いい意味で前面に出た快…

【Game / Music】音楽が最高だべ - トラスティベル ~ショパンの夢~ (Xbox360)

ポーランドの作曲家/ピアニスト、フレデリック・ショパンをテーマにした RPG、「トラスティベル ~ショパンの夢~」をクリアしました。Xbox 360 版です。 前述のとおり、ショパンの生涯、作品、イメージなど、ゲーム全体をショパンで彩った作品といえます。…

【Game / Music】 Child of Eden (Xbox360)

音楽と映像がシンクロする 3D シューティング、チャイルド・オブ・エデンをプレイしました。 「Rez」を手がけた、水口哲也による作品で、それをさらに進化させたようなゲームと言えるでしょうか。幻想的な映像と、清潔感のあるダンスミュージック、そこにプ…

【Music】 Mr.Children / 深海 (1996)

先日、YEN TOWN BAND を聴いてから想い出迷子に入り込んだ挙句、同じ年にリリースされたミスチルのアルバムが無性に聴きたくなったので聴きました。5th。 『深海』は、ミスチル初の「コンセプトアルバム」といわれてます。コンセプトアルバムの定義は明確に…

【Music】 かせきさいだぁ / かせきさいだぁ≡ (1996/2013)

ラッパー、かせきさいだぁ(本名:加藤丈文)による 1st。1996年リリースのメジャーデビュー盤が、今年、リマスターで再発されました。 最近、自身のソロ活動だけでなく、でんぱ組.inc への楽曲提供や、小暮晋也とのユニット TOTEM ROCK の再発など、活発な…

【Music】 センチメンタル・シティ・ロマンス / ホリディ (1976/2005)

名古屋のロックバンド、センチメンタル・シティ・ロマンス (SENTIMENTAL CITY ROMANCE) による 2nd。現在は 1st と 2nd をまとめ、ボーナストラックを付けた『GOLDEN☆BEST』としてリリースされています。2nd のボーナストラックには、これ以降に他社でリリー…

【Music】 センチメンタル・シティ・ロマンス / S/T (1975/2005)

名古屋のロックバンド、センチメンタル・シティ・ロマンス (SENTIMENTAL CITY ROMANCE) による 1st。現在は 1st と 2nd をまとめ、ボーナストラックを付けた『GOLDEN☆BEST』としてリリースされています。細野晴臣がチーフ・オーディエンスとして参加(プロデ…

【Music】 川口義之 with 栗コーダーカルテット & 渋さ知らズオーケストラ / 生渋栗・割れ渋栗 (2010)

栗コーダーカルテット(以下、栗Q)と、渋さ知らズによるアルバム。『生渋栗』は、ライブアルバム。『割れ渋栗』は、『渋栗』のアウトテイク集+ライブ音源、という感じの構成です。 『生渋栗』は、ライブ音源をたっぷり収録しておりますが、構成はちょっと…

【Music】 小坂忠 / HORO2010 (2010)

小坂忠が1975年にリリースしたアルバム『ほうろう』を、オリジナル音源を調整した上で、新たにボーカルを録り直した、再録盤。35年ぶりの「ほうろう」。 フジロック2012での完熟トリオのライブが素晴らしかったので、トリオの一角、小坂忠のアルバムを聴いて…

【Music】 TOTEM ROCK(かせきさいだぁ+小暮晋也) / TOTEM ROCK EP + (2003/2013)

TOTEM ROCK(かせきさいだぁ+小暮晋也)/ TOTEM ROCK EP + (2003/2013) かせきさいだぁと、小暮晋也(ヒックスヴィル)によるユニットの再発盤。リマスタリングに加えて、新曲「ホリデイ」を追加した、全8曲の EP です。 最近、でんぱ組.inc への楽曲提供で…

【Music】 YEN TOWN BAND / MONTAGE (1996)

映画『スワロテイル』に登場する架空バンドによるアルバム。ボーカルは CHARA、プロデューサーは小林武史。 先日観た、渋さ知らズ with CHARA のライブが頭から離れず、久しぶりにスワロウテイルが聴きたくなりました。CHARA 自身の音楽はほとんど聴いてきて…

【Music】 渋さ知らズ大オーケストラ @ Shibuya O-EAST

渋さ知らズ大オーケストラ 新春恒例 LIVE 2013 O-EAST 新春ワンマン LIVE に行ってきました。ゲストは Chara。新春ライブを見るのは6年ぶり2回目。渋さのライブ自体ももけっこう久しぶりで、調べてみたら3年ぶりでした。さておき。 何はともあれ Chara! Char…

【Music】 川口義之 with 栗コーダーカルテット & 渋さ知らズオーケストラ / 渋栗 (2009)

はじめに。年始にやっていた「大人のピタゴラスイッチ」の音楽が「渋栗オーケストラ」でおおっと思ったので、久しぶりにこのアルバムを引っ張り出してきました。栗コーダーカルテット(以下、栗Q)と、渋さ知らズによるアルバム。共通のメンバーである川口義…

【Music】 渋さ知らズ / 渋夜旅 (2010)

不破大輔率いるフリージャズバンドによるアルバム。2010年作品。 はじめに。渋さ知らズは、スピード感と迫力のある音と、暗黒舞踏をはじめとする珍妙なパフォーマンスといった、ライブにおける力強さ、楽しさ、ハチャメチャっぷりといったものの印象が強いで…

【Music】 渋さ知らズ / 渋彩歌謡大全 (2012)

音楽記録 渋さ知らズ / 渋彩歌謡大全 (2012) 不破大輔率いるフリージャズバンドによるカバーアルバム。選曲はタイトルどおり、演歌、歌謡曲、ポップスなどです。そして各曲ごとにゲストボーカルが彩りをそえるかたち。 全体的には、どのカバー曲も渋さのフリ…

【Music】 Caribou / Swim (2010)

音楽記録 Caribou / Swim (2010) カナダの Daniel Snaith によるソロプロジェクトの 3rd(Manitoba 名義の作品を含めると、通算5作目)。 初めて聴きました。エレクトロニカ系で実験的な要素が強いのかなと勝手に思っていましたが、今作に限れば、ほのぼのと…

【Music】 Walls / Coracle (2011)

Walls / Coracle (2011) ロンドンの Alessio Natalizia と Sam Willis によるユニットの 2nd。Kompakt から。 2010年リリースの 1st から短いスパンで出たこともあってか、前作と同じような方向性の音楽です。穏やかなタッチのエレクトロニカと、ゆるやかな…

【Music】 Fuji Rock Festival '12 3日目

3日目です。前日早く帰ってきたので、身体は快調。相変わらずお日柄もよく、今年新調した日本野鳥の長靴が泣いています。嬉しいような、悲しいような。10時頃にホテルを出て、12時過ぎには会場に到着。エチゴビールうめぇ。 オレンジまでほてほてと歩いた後…

【Music】 Fuji Rock Festival '12 2日目

2日目です。木曜日からの寝不足がたたって、いささか深く眠ってしまいました。10時半頃にホテルを出て、会場に着いたのは13時くらい。この日もシャトルバスは結構な行列でした。じりじりとした陽射しがキツかったですね…。 到着したらちょうど、グリーンでシ…

【Music】 Fuji Rock Festival '12 1日目

フジロックに今年も行ってきました。7年連続8回目の参加となります。 今年は3日間とも好天に恵まれたものの、チケットの売れ行き等から予想された通り、非常に人が多くて、色々なところで思った以上に時間がかかりました(トイレだけはなぜか空いてて快適で…

【Music】 Walls / Walls (2010)

Walls / Walls (2010) ロンドンの Alessio Natalizia と Sam Willis によるユニットの 1st。Kompakt から。 全体的には、暗めのアンビエント・ドローンが半分で、穏やかなエレクトロニカが半分、という感じだと思います。それぞれの曲が交互に並べられており…

【Music】 Loops of Your Heart / And Never Ending Nights (2012)

Loops of Your Heart / And Never Ending Nights (2012) スウェーデンの Axel Willner によるユニットの 1st。Magazine から。 The Field とは別名義でリリースされた作品。その使い分けについて意識して聴いてみると、フィールドで際立っていた、きらびやか…

【Music】 The Field / Looping State of Mind (2011)

The Field / Looping State of Mind (2011) スウェーデンの Axel Willner によるユニットの 3rd。Kompakt から。 2年おきにコンスタントに作品を発表していますが、アルバムを重ねるごとに、マニアックな方向に行っている印象を受けます。基本的な路線はこれ…

【Music】 斉藤和義 @ 長良川国際会議場

3月18日、斉藤和義『45 STONES』のライブに行ってまいりました。 サポートメンバーは、隅倉弘至(初恋の嵐)、玉田豊夢(100s)、辻村豪文(キセル)、藤井謙二(The Birthday、元マイラバ)。 最新アルバムからの曲を網羅しつつ、以前からのヒット曲も盛り…

【Music】 The Field / Yesterday and Today (2009)

The Field / Yesterday and Today (2009) スウェーデンの Axel Willner によるユニットの 2nd。Kompakt から。 基本的な方針は 1st の延長線上にあると思います。きらびやかなシンセなどの音色で、幻想的な雰囲気をふりまきながら、硬軟取り混ぜたビートで身…

【Music】 The Field / From Here We Go Sublime (2007)

The Field / From Here We Go Sublime (2007) スウェーデンの Axel Willner によるユニットの 1st。Kompakt から。昨年出た新譜を聴くにあたって、過去の作品をさかのぼって聴いてみました。 軽やかでダンサブルな四つ打ちから、ゆったりと心を揺らすリズム…

【Music】 Gui Boratto リミックスワークまとめ

Gui Boratto さんのリミックス仕事を拾い聴きしてみました。 基本的に、クラブミュージックのように踊れる曲に仕上げた仕事がほとんどであるように感じます。軽やかな四つ打ちのリズムを軸にして、楽曲のパーツをちりばめていく感じのリミックス。彼自身の楽…